ここから本文です

企業情報沿革

年代 沿革
1881年(明治14年) 服部時計店(現・セイコーホールディングス株式会社)創業
1892年(明治25年) 時計製造工場 精工舎設立 掛時計の製造始まる
1895年(明治28年) 銀座4丁目角の時計塔つき店舗にて営業開始
懐中時計の製造始まる
1899年(明治32年) 日本初の目ざまし時計の製造始まる
1902年(明治35年) 置時計・オルゴール時計の製造始まる
1924年(大正13年) 時計類の名称に“SEIKO”を使い始める
1953年(昭和28年) 目ざまし時計「コメットフラワー」我が国初の民放開局日のテレビCMを飾る
1959年(昭和34年) トランジスタ掛時計発売
1964年(昭和39年) 東京オリンピックの公式計時を担当 36種類 1,278個の時計を使用
東京オリンピックで卓上型クオーツクロック(クリスタルクロノメーター)活躍
1968年(昭和43年) 世界初の家庭用クオーツ掛時計発売
1970年(昭和45年) 工場精工舎を分離し(株)精工舎設立
1972年(昭和47年) 札幌オリンピックの公式計時を担当
1976年(昭和51年) 世界初のクオーツ目ざまし時計発売
1983年(昭和58年) 音声時計「ピラミッドトーク」英語版発売(日本語版は1984年に発売)
1984年(昭和59年) 擬音めざまし時計発売 銀座マリオンに
日本初の屋外型大型からくり時計「セイコーマリオンクロック」完成
1988年(昭和63年) 家庭用からくり時計を発売
1996年(平成8年) クロックの企画・開発から製造・販売・アフターサービスまでを一貫して行う
セイコークロック(株)を設立
1998年(平成10年) 長野オリンピックの公式計時を担当
1999年(平成11年) 日本標準時を載せた電波を受信する「電波修正クロック」発売
2001年(平成13年) 東西2つの電波を自動選択する「ツイン・パ」登場
2004年(平成16年) 次世代型時間管理システム「タイムリンク」発売
2011年(平成23年) 「電波時計の高精度」と「クオーツ時計の扱いやすさ」を併せ持った「ラ・クロック」発売
2013年(平成25年) GPS衛星からの正確な時刻情報を受信する「衛星電波クロック」を発売